あなたのカラダは伸びやかで楽に動いているでしょうか?
 それとも緊張や疲労や痛みで、思うように動かないでいるでしょうか?

 「深くて楽な呼吸」、「弾むような歩行」、「地に足がついた感覚」、「広い視野」、、
 私たちの身体は、本来このような機能を実現できるようにデザインされています。

 ロルフィングは、カラダが本来備えている能力を取り戻してゆき、
 私たち一人一人の中に眠っている可能性を発揮していくプロセスです。





 ROLFING  ロルフィング
ロルフィング (Rolfing®)は、米国の生化学者アイダ・P・ロルフ博士(1896-1979)の生涯
にわたる研究・実践の成果として生み出されました。彼女は全身に拡がる膜組織(fascia)
の生化学的特性にアプローチすることで、重力が身体の中心を流れる人間本来の構造
(秩序)を引き出し、身体が楽に効率よく機能していくプロセスを見出しました。


フロー
ロルフィングは、重力という自然界の力が身体の中心を淀みなく流れる様デザインされ、その流れを
妨げるような身体の不自然な姿勢や動作を見直し、身体に「自然なフロー」を呼び戻すことを促します。
このフローが身体の隅々まで行き渡った時、身体全体の「一体感・つながり」が感じられるようになり、
血液・体液の循環、栄養の消化吸収も滑らかになり、自然治癒力は向上します。


アプローチ
ロルフィングのセッションは、クライアント一人一人が本来の可能性を十分に発揮できる様に、固有の
身体構造・要求に応じてオーダーメードされます。その為、アスリート、武道家、ヨガ教師、ダンサー、
アーティストから、慢性的な疲れや痛みをお持ちの方、子育て疲れのお母様、日常のストレスを解消
したい方、QOL(生活の質)を向上させたい方など、赤ちゃんからご高齢の方まで性別・年齢に関係なく
あらゆる層の方々にお受けいただけます。


手法
手・指・掌・前腕などの手技をつかって、ゆっくりと全身の膜組織をのばしてゆきます。

ロルフィングで見られる効果

    ○ カラダへの意識・感受性が高まる
    ○ 呼吸が深く、楽になる
    ○ 疲れからの回復が早くなる
    ○ 腸腰筋が使われることで、歩行が効率的で優雅になる
    ○ 慢性的な痛みの原因となる身体の使い方や姿勢が改善される*
    ○ スポーツ、ダンス、武道等に有益な中心感覚が養われる
    ○ 大地からのサポート感覚により、無意識の緊張から解放される
    ○ 身体の可動性・柔軟性が上がりパフォーマンスが向上する
    ○ 自分のカラダを内側から見つめ、カラダ本位で行動できる
     *ロルフィングは対症療法的に、症状の治療や改善を目的とするものではありません。






 PROCESS  変化のプロセス
しっかりとした「根」としなやかに伸びた「幹」があって、はじめて大きな花を咲かせ、
豊かな実を結ぶことができる植物の様に、ロルフィングは日常に「サポート感覚(根)」
や「中心感覚(幹)」を見い出し、新しい「動き方」「在り方」を探求するプロセスです。

下のイラストはロルフィング1st~7thセッションを花の生長過程に喩えたモデル*です。
ここでは、地球の重力環境の中で植物の種子が花を咲かせる迄の生長のプロセスを
通して、ロルフィングによる「変化の流れ」を大まかにイメージして頂きたいと思います。
*動きに焦点をあてる8th~10thセッションはこの静的なモデルには適合しない為、ここでは省きます。




① 環境(日光、大気、水、、、)からの刺激によって種子が休眠から覚める。
② 重力を感受して、地球の中心(下方向)へと幼根を伸ばしはじめる。
③ 子葉が拡がり、種皮をやぶることで芽生える。上方向へも茎を伸ばしはじめる。
④ 大地に深く根を伸ばし、そこからエネルギー(養水分)を受けて花芽が蕾になる。
⑤ 根と茎の境界部から、根は下に、茎は上にらせん状に回旋しながら伸長してゆく。
⑥ 茎や根がそれぞれの方向に更に伸びてゆく。
⑦ 根と茎の生長のバランスが整い、エネルギーが天地を淀みなく流れ、開花する。





ロルフィングによって身体が変化するには、植物の生長と同様に一定のプロセスを要します。

植物が重力法則に従った順序(シークエンス)によって生長する様に、
ロルフィングも重力を軸として構成された「レシピ」という手順に沿って進められます。

大地に伸びた根が地中のエネルギーを吸収し、茎に流すことで蕾みはじめるように、
大地からのサポートを脚~背骨が十分に受けることで、私たちの内臓空間は広がります。

植物の根が下へ、茎が上へと伸びてゆくように、
内臓空間を中心に身体は2方向性のバランスを保ちながら、常に全体として伸長を続けます。

そして花が自ら生長し開花する様に、私たちが生命体として自己編成する為に本来備えている
「内なる種子」は、身体を通じて、新しい「在り方」「動き方」として「開花」されてゆきます。





                 

                                             Copyright 2010 Floverse All Rights Reserved.